工場の求人:求められる人材像は?

工場の求人で、企業が求めている人材のイメージはどのようなものでしょうか。端的にいえば二つしかありません。
求人側が求めるのは、第一に円満な性格であることです。配属された先の上司が年下ということもあるでしょう。



そうした時にその上司に敬意をもって接し、指示命令系統の中で力を発揮することが求められています。

そしてメンバーを見渡して、困っている人を見つけて適切にフォローでき、以後その問題で困ることがないようにと対策を一緒に検討できるようなタイプの人がうってつけです。


これは言い換えればチームプレーができる人材であるということです。


今日では一人のスーパーマンが仕事を引っぱるという姿は望まれてはいません。そのかわり個人個人がひとつの問題に向き合って役割分担をし、最大最適の仕事が予定通りで仕上がるという姿を希望しているのが求人側企業なのです。

BIGLOBEニュース情報選びに特化したポータルサイトです。

そしてさらにその中でリーダーシップが発揮できる素養がうかがわれば更にに良好です。
第二は問題解決能力です。現代の工場に求められているのは、QDCすなわち品質・納期遵守・コストです。


工場の生産の都合を優先すればこれらの問題はどれかがなおざりになります。
したがってこれらの問題を漏れなく解決して利益を上げることが必要になり、相当の知恵が必要になってきます。

そのためには問題発見能力、背景の想定、解決案の案出と実行、経過観察と効果の確認、歯止めなどという一連の正しい手順での問題解決能力を持っているという人材が求められます。



こうした資質をPRするためには面接の機会が中心となるでしょうが、それに先立つ応募書類の中でISOの品質管理マネジメント・環境マネジメント・機密情報保持マネジメントの知見や前職で取得にかかわったという経験があれば、大きく前進するはずです。

top