保育士が工場の求人に応募するメリットとは

保育士として働いている人が、工場の仕事に転職をするケースもあります。


保育士の仕事と、工場の仕事はまるで違いますので、前職のキャリアが評価されず、給料は通常の新入社員並みになってしまうことは覚悟しなければなりません。


また、工場の求人では派遣や契約社員、アルバイトという勤務形態が多いですが、非正規から正社員に登用されることは狭き門となっています。



正社員を希望しているなら、最初から正社員の求人に応募することが大切です。
仕事内容はまるで違うものの、社会人としての常識やマナーについては共通しています。


やる気と熱意をアピールすれば、正社員として採用される可能性はあります。
保育士の仕事では、仕事を家まで持ち帰るということも多いようですが、工場の仕事では、そのようなことはなく、残業代がしっかりと払われます。
安全に対する配慮も強化されているので、意外と職場はホワイトだったりします。

ただし、基本的に立ち仕事であり、体力がいることは覚悟しておいたほうがいいです。

最高のマイナビニュース情報は信頼性が高く、好評です。

保育士の仕事は人と接する仕事ですが、工場の仕事では人とコミュニケーションをとることが苦手な人でも、たんたんと決められた作業をこなしていればなんとかなります。



逆に、決められた作業をこなすだけなので、ひとりひとりが評価されにくいというデメリットを感じることもあるかもしれません。
このように、長所と短所がありますので、両者について理解して、納得をして働けるということが大切です。

求人に応募する前に、よく下調べをしておきましょう。

top